活動情報

昭和村
2019年04月24日
昭和村

【群馬県 昭和村】4月26日放送「ぐんま一番」で昭和村協力隊がご案内!

こんにちは!昭和村地域おこし協力隊の伊藤です。
今日は群馬テレビにて放送されている「ぐんま一番」についてのお知らせです!
迫る10連休の前日、4月26日(金)に放送される回で昭和村が特集されます。

 

先日はそのロケがあり、なんと私、伊藤が30分付きっきりで「ナビ役」を務めさせていただきました!
「ぐんま一番」の基本スタイルは行く先々のお店や畑の人と話をしていくというものだと思います。
同じ人が出ずっぱりという今回は結構特殊な形ではないでしょうか。
人の前に出るのは演劇で経験しましたが、タイムマシーン3号さんと並べるようなおもしろ人間でもないと思うのですが・・・(笑)。

さて、そんな伊藤ナビゲーターが何を紹介するかと言いますと・・・
「やさい王国」だけに「野菜」が注目される昭和村ですが、今回はちょっと趣向を変えて「花」をキーワードにご案内。

「心強い助っ人」として紹介していただいたのですが、自分が不甲斐ないせいでドジも連発しました。
・・・放送時はそのあたりカットになるかもしれません(笑)。

とはいえ、とても貴重で面白い体験をさせていただきました。
放送時にもそういった楽しい空気まで感じ取っていただければ、と思います。

肝心の内容の方はヒミツとさせて頂きますが、昭和村のいろんな面白いところでロケをしてきましたのでお楽しみに。
頼りないナビ役でしかないのですが、とにかく30分間体当たりで昭和村の魅力を紹介させていただきましたのでぜひ!ご覧下さい!
放送は群馬テレビ4月26日(金)19:30~20:00、再放送は4月28日(日)9:30~10:00となっています。

 

公式ホームページでも写真がバッチリ出ていますのでよろしければご確認ください。

(ぐんま一番公式ホームページ https://www.gtv.co.jp/program/info/g-ichiban/ より)

放送日はまさにゴールデンウィークの前日、そして「平成最後のぐんま一番」が"昭和"村特集というニクい演出!
ぐんま一番を見て10連休のうち1日は昭和村に来て下さいね!特に福島県昭和村も来る4月29日(月・祝)の「昭和の日」記念イベントはオススメです。
その他にも道の駅あぐりーむ昭和はゴールデンウィーク中はイベント満載。毎日来ても飽きない、、、かもしれません!

以上、"令和"直前の"昭和"村からお届けしました!

2019年04月12日
昭和村

【群馬県 昭和村・福島県 昭和村】平成最後の「昭和の日」協力隊コラボ特別企画を行います!

こんにちは!昭和村地域おこし協力隊の伊藤です。
新年号「令和」が決定し、ひそかに注目を浴びる"昭和"村です。
先日も佐賀県のラジオ局から生放送の収録がありました。やはり、きっかけは面白いこの村の名前です。
15分くらいの枠と言われたのにパーソナリティさんと盛り上がって結局30分近く昭和村の魅力について語ってきました。
今すぐ来てもらうのは難しくても、何年か後に日光に来るついでにでも昭和村に寄ってくれる人がいたらうれしいですね。
「昭和村」が遠く九州からも注目されるホットな時期もここ数十年来はなかったと思うので、今がチャンスと一人で勝手に燃えております。

さて、そんな「昭和村」ですが、今回の記事は昭和村成分を"2倍"でお届けします。
どういうことかと言いますと、「群馬県の昭和村」の他にもう一つだけ「昭和村」が存在し、今回はそちらの話題も盛り込んでいるのです。
・・・・・・その名も「福島県昭和村」
尾瀬を挟んで群馬県昭和村の向こう側に存在する山奥の意外なご近所(?)さんです。

実はこちらの役場に福島県の昭和村と間違えた電話が掛かってくることもしばしば・・・。
そんなややこしさの印象しかなかった両村(実は向こうにも群馬県昭和村と間違えて電話が掛かってくるそうです)なのですが、元号が変わる面白い時期ということで、ちょっと向こうの協力隊とコンタクトを取ってみました。
すると・・・意外にも好意的に対応して下さりました!
早速3月上旬に自分も含めた群馬県昭和村チームが現地に向かい、"昭和村地域おこし協力隊"同士で話をしてきました。
(群馬県昭和村に地域おこし協力隊は現在自分一人しかいませんが、向こうにはOB含め何人もいます。"昭和村地域おこし協力隊"というくくりで見れば自分の仲間はたくさんいました・・・!)
話し合いの結果、「一緒にやろう」となったのが次の企画です!

4月29日(月・祝)の平成最後の昭和の日に昭和村の道の駅あぐりーむ昭和で行う昭和の日記念イベントに昭和村が来る!という内容。
・・・やっぱりややこしいですね。
「平成」も終わるというのにこれだけ"昭和"の文字を見ることになろうとは・・・。
伝統工芸の「からむし織」や夏秋期に日本一の生産量を誇る「かすみ草」の加工品、マスコットキャラクターの"からむん"のグッズの販売の他、観光情報も教えてもらえます!

(写真はかすみ草のハーバリウムです。3月にお邪魔したときにお土産で買いましたが、当然の事ながら今も変わらずきれいで癒されます。)
比較的高価なものが多いこれらの加工品ですが、特に手に取りやすい価格のものを選んで持ってきてくださるとのこと!
一例ですが、

からむし織のコースター、キーホルダー、名刺入れ、巾着

かすみ草のハーバリウム、ピアス、イヤリング

マスコットキャラクター"からむん"のメモ帳、クリアファイル

道の駅からむし織の里しょうわのキーホルダー、マグネット

・・・などなど。さながら福島県昭和村の物産展のようになりそうです!

(写真はからむし織製品の一例。素朴で繊細なこの伝統工芸はまさに「和」といった印象です。)
群馬県内で手に入れるチャンスはここをおいて他にありませんのでお見逃しなく。
また、2つの昭和村の地域おこし協力隊がコラボした企画ですので、こちらにいらっしゃるのも協力隊員だけ。優しく穏やかなお2人なのでどなたでも話しやすいと思います。

もちろん、昭和の日記念イベント自体も村の中では大きなイベントで楽しめること間違いなしです。
いろいろ書きましたが、シンプルに「昭和の日は昭和村」をキーワードに憶えて頂ければと思います。当日は昭和の遊びや(福島県)昭和村の工芸品に触れてみて下さいね!

佐賀福島に、群馬県昭和村からワールドワイド(?)な話題をお伝えしました。
前回は川場村高山村とのコラボ企画をお伝えしたばかりですが、県外の協力隊と何かをするというのも大きな反響が期待できそうでドキドキしております。
とはいえ、また次回は群馬県内限定のローカルな話題をお届けしますのでそちらもお楽しみに!

2019年03月29日
昭和村

【群馬県 昭和村・川場村・高山村】3村協力隊 × 道の駅 パンフレット完成です!

こんにちは!昭和村地域おこし協力隊の伊藤です。

1年目の活動がそろそろ終わりを迎えようとしている今日この頃。

自分の1年の活動をまとめて下さった特集の載った昭和村の広報誌も刊行され、

初出演した舞台「春駒日記」が大盛況(なんと前売り券の段階でチケット完売になりました!)のうちに公演終了するなど、

地域おこし協力隊1年目としての活動とともに昭和村の住民としての生活にも一つの大きな区切りがついたと言えます。

 

そのような中、もうひとつ1年目の活動を締めくくるのにふさわしいものが本日完成しました。

夏頃から何をするか話し合い始め、忙しい3人の日程を合わせて会議をしては少しずつ進めていた企画・・・

 

「群馬県3村協力隊 × 道の駅 合同パンフレット」です!

 

昭和村川場村高山村3つの「村」にいる「地域おこし協力隊」「道の駅」を中心に紹介するパンフレットになっています。

なぜなら、企画に参加した3人は皆「道の駅で活動している」という共通点があるからです。

そのため、それぞれの協力隊が村や道の駅を中から見ていて好きなところ、もっと押し出したいところが随所に現れているのが特徴です。

(クリックでPDFを表示)

3つの村は沼田市の周りにぽつんぽつんとあるのですが、昭和村と川場村は利根郡、高山村は吾妻郡のため、今までこのくくりでの関わり方はほとんどなかったと思います。

それも、自治体の枠を越えた3人の協力隊合同の企画となると初のことになりますし、県内でもあまり事例がないのではないでしょうか。

 

私ももともとこの3つの村で何かしようと考えていたわけではなく、たまたま高山村協力隊の野口さんから「道の駅に協力隊がいる村で協力して何かやろう!」と声を掛けていただき、この企画に参加させて頂きました。

あまりお金をかけられないので素人の自分がデザインを担当しましたが、いろんな方からアドバイスを頂くことができました。

おかげでちゃんと見られるものになった・・・でしょうか?

プロが作った物と違って手作り感が残っていて、あまりカッコイイものではありません。

でも、この3つの村らしさが見えるようで個人的にはとってもお気に入りのパンフレットになりました!

(クリックでPDFを表示)

このパンフレットは来週中にも道の駅 あぐりーむ昭和、道の駅 川場田園プラザ、道の駅 中山盆地3つの道の駅はもちろん、地域おこし協力隊や各村に関係のある施設・イベント等での配布を予定しています。(先着3000部)

配布にご協力頂ける方は伊藤までお知らせ下さい。

( TEL:0278-25-4831 道の駅あぐりーむ昭和 昭和村地域おこし協力隊 伊藤 )

 

活動の区切りとして終わったものをいくつか挙げましたが、同時に始まっていること、これから始まることもいろいろあります。

昨日は昭和村でのテレビのロケハンに同行しましたし、新年度の予算では昭和村の観光PR動画の作成を計画中など、来年度の昭和村地域おこし協力隊のキーワードの一つは「動画」!

ただ、今年度もいろいろやらせてもらっていて、一つのことだけでは満足できない性質なのかもしれません()

動画以外にも昭和村のことが気になるようないろいろな仕掛けを既に考えていますので、「平成」が終わっても「昭和村」、そして「川場村」「高山村」にご期待下さい!

2019年01月04日
昭和村

【群馬県 昭和村】こんころまい、提供開始です!

明けましておめでとうございます!昭和村地域おこし協力隊の伊藤です!

さて、5月にお伝えした昭和村の新料理「こんころまい」ですが、試行錯誤を重ね、1月3日より道の駅あぐりーむ昭和内のことぶき亭にて提供開始になりました。

こんころまいとは、収穫量日本一の昭和村の手作り「こん」にゃくと、「ころ」ころしたかわいいサイズにして甘めに煮付けた大根、ここ奥利根名産の香り高い「まい」たけの天ぷら、たっぷりのネギが入ったうどんです。
実は5月にお伝えした内容とは少し異なっていますが、それについては後述させていただきます・・・!

それでは、完成した写真をご覧下さい!

見た目もそうですが、特に中身は私の試作時よりも洗練されています。さすが老舗です!
早速詳しい中身を見てみましょう!

こんにゃくはなんとおかみさんがこんにゃく芋から「手作り」で作ってくれました!
もとはこれを揚げる予定でしたが、せっかくの手作りこんにゃくなので軽く煮ただけで揚げずに味わっていただくことに。
手作りのこんにゃくは市販のものと違って味が染み込みやすく、大きくしてもしっかり味が染み込んでこんにゃく本来の食感を感じることができるのだとか。
そのため、こんにゃくは5月にお伝えした試作品のものよりもずっと大きくなっています。市販のこんにゃくを使うのとはまるで違う味をお楽しみください。
こんにゃくと言えば市販の黒いものしか知らなかった神奈川出身の私ですが、昭和村で手作りの白い生芋こんにゃくを食べて「たまげた」というのが正直な感想です(笑)。
生芋こんにゃくを知らなかった以前の私には未知の味だったので、この料理は湘南育ちの私と昭和村の発想がコラボレーションした形と言えるのではないでしょうか。

お次はころころとかわいいサイズの大根ですが、こちらはサイズに反して深い歴史があります。
群馬県昭和村はその名の通り昭和になって合併でできた村ですが、実は開発のレベルでも比較的新しい村です。
戦後にようやく本格的に開拓されたという歴史があり、現在の「やさい王国」昭和村もほんの少し前まで森が広がっていたことでしょう。
灌漑が整備されておらず、蕎麦も十分に育てられない土地で食べられていたのが「大根そば」です。
これは、そばに細く切った大根を混ぜて量を増やした料理です。この頃から大根だけは力強く育っていたのでしょう。
そんな歴史のある昭和村の大根を「こんころまい」でも使わせてもらいました。
甘味を引き出す煮付け方が最高の逸品です。
「こんころまい」をお召し上がりの際は、大根をつまみながら昭和村開拓の苦労にも思いを馳せてみて下さい。

そして、舞茸はこの奥利根の名産品です。この料理のもう一人の主役といえばこの舞茸になるでしょう。
1株がとても大きく、傘(?)もよく見る新潟の舞茸よりはるかに大きく色も濃いです。調理前のものを見れば皆さんきっと驚かれることでしょう。
香り高い舞茸の天ぷらは様々な具材が浮かぶ「こんころまい」の中で味・見た目ともに大きな存在感があり、料理にメリハリを与えてくれています。
実は舞茸の生産者を厳選している関係で「こんころまい」は数量限定となっています。
それだけ特別な舞茸ですので風味は別格です。ぜひ一度お召し上がり下さい!

地元で採れたたっぷりのネギは白髪ねぎとして皿に彩りを与え、全体の味を引き締める役割も担っています。
「こんころまい」の名前にこそ入れてあげられませんでしたが、彼も名脇役としてこの料理の大切な一員です。
味の染み込んだこんにゃくやカラッと揚がった舞茸を食べる合間にシャキシャキのネギを口に運ぶことでさっぱりと最後まで飽きが来ずにこの一皿を楽しめることでしょう。

・・・最後まで説明のなかった緑の葉っぱは何?と気になった方もいらっしゃるでしょうか。こちらはほうれん草です。
せっかくだからとおかみさんが昭和村産のほうれん草も添えてくれました!
ほうれん草のお陰でさらに彩り豊かに、そして昭和村をより味わっていただくことができるようになりました。
実はほうれん草もたくさん作っている昭和村。県内のスーパーで「利根沼田産」のほうれん草、よく見かけませんか??
昭和村のサービス精神と村を陰で支えるほうれん草の存在にも目を向けて下さればよりおいしくいただけるはずです。

いかがでしたでしょうか。"昭和村"ぎゅーっと詰め込んだ特別なうどんです。
なにしろ足掛け9ヶ月の開発期間を経てようやく完成した思い入れのあるうどんなので語ってしまい、長文失礼しました。
こんころまいはひとまず道の駅あぐりーむ昭和内のことぶき亭で提供されますが、「昭和村の顔」として村の内外の方に認知していただけるように頑張りたいと思っています。
まずは現在開催中の「昭和村"おいしさ"発見スタンプラリー」とともに楽しんで頂けましたら幸いです。

昭和村のある奥利根地域には客人にうどんやそばを振る舞ってもてなす風習が古くからあります。
そして、このこんころまいも昭和村に来て下さった方をこの料理で喜ばせたいという思いを込めて作りました。
料理の形こそ現代向けにアレンジしてありますが、昔からきっと変わらないおもてなしの気持ちは食べてくださった方に伝わって欲しいと思います。

 

旬菜館食堂 ことぶき亭 (道の駅あぐりーむ昭和内)

〒379-1204
群馬県利根郡昭和村森下2406-2

TEL:0278-25-4831

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
2018年11月26日
昭和村

【群馬県 昭和村】昭和村"おいしさ"発見スタンプラリー開催!

こんにちは!
昭和村地域おこし協力隊の伊藤です。

この度、私が企画した昭和村の飲食店を回るスタンプラリーを開催することとなりました!
村内の飲食店3店舗ご利用して頂く事で、昭和村をイメージした「オリジナルだるま」をプレゼントいたします。

 

 

(クリックでPDFを表示)

「やさい王国 昭和村」はなんといっても食材の宝庫です!
村の美しい景観を眺めながら"おいしさ"を求めてスタンプを集めてみて下さい!

◎名称

 昭和村"おいしさ"発見スタンプラリー

◎期間

 12月1日~(賞品なくなり次第終了)

◎参加店舗

 そば処 あかふ

 そば処 壱乃蔵

 奥利根ワイナリー

 やまぼうし

 山田商店

 赤城ストアー

 道の駅あぐりーむ昭和内各飲食店(さくら工房、ことぶき亭、Lactuca)

◎ルール

 「対象店舗で500円以上」ご利用頂いた方にスタンプを押印し、
 3つ集まりましたら賞品と交換いたします。

 ただし、スタンプは「1つの店舗につき1つまで」有効です。
 スタンプが集まりましたら「道の駅の観光案内所」にて
 オリジナルだるまと交換いたします。

 賞品の交換は原則1家族様につき1つまでとさせていただきます。

スタンプラリー台紙は各飲食店で配布しておりますので、お会計の際にでも参加希望の旨をお知らせ下さい。
また、賞品の在庫状況につきましては道の駅あぐりーむ昭和のFacebookにてお知らせいたします。

 

(クリックでPDFを表示)

昭和村の地域おこし協力隊はまだ私一人しかいません。
そのため、パンフレットのデザイン作成やお店・道の駅への協力のお願い、だるま屋さんや印刷会社への発注、役場や地域メディアへの広報依頼、商工会所有の画像の提供依頼・・・などなどを全部一人で行うこととなりました。
それだけ手作りの企画ですので至らない点もあるかと思いますが、結果的に多くの人を巻き込むことにもなりましたので"昭和村"を感じられる企画になったとも思います。

昭和村は美味しい野菜を都市部に出荷していますが、美味しい食材は"その場"で食べていただくのが一番だと思います。
村のまだ知らないお店や食べた事のないメニューがありましたらこの機会にぜひ召し上がれ!
そして、食事だけでなく村内各地のお店を回る中で昭和村の「日本一美しい景色」「村の人の温かさ」など『昭和村のいいところ』をぜひいくつも"発見"してみて下さい!

 

 

だるまと言えば、昭和村では1月13日(日)に盛大などんど焼きを行います。
どんど焼きを行うだけでなく、干し柿やこんにゃく鍋を振る舞うなど実はとっても大きなイベントです。
今回の参加はもちろんですが、願いが叶った年にもぜひこのだるまを持ってお越し下さい!

皆様の昭和村へのお越しを心よりお待ちしております!

2018年05月28日
昭和村

【群馬県 昭和村】昭和村の新名物誕生・・・?!

はじめまして!昭和村地域おこし協力隊の伊藤と申します。4月から活動を始めたばかりです!

私は神奈川県藤沢市から昭和村にやってきました。湘南の海から雪降る昭和村へ環境をがらりと変えて手さぐりの新生活を始めています。

旅行が好きなため日本全国を見て回り、そこで目にした寂れた田舎の風景から地域おこしを考えるようになりました。それまで地元の飲食店で接客と調理を担当しており、自らの経験から料理を使っての地域おこしができたらと思っています。

元々元気な昭和村ではありますが、暑い湘南仕込みの私の料理でもっと元気にできたら嬉しく思います。

 

 

活動内容:地域の食材を生かした新メニューの開発

「やさい王国 昭和村」というキャッチコピーで売り出しているのが群馬県昭和村です。昭和村は河岸段丘によって村内に標高差があり、また赤城山由来の豊かな土壌にも恵まれているため高原野菜を中心に首都圏に多くの農産物を送り出しています。

しかし、豊富な食材があるにも関わらず昭和村の看板になる料理はないのが現状です。そのため、昭和村の魅力的な食材を生かした新たな料理を作って村を活性化しようと考えました。

そして、早速私が開発した新メニューの第一弾は道の駅あぐりーむ昭和内ことぶき亭にて提供予定のこんころまいです!

 

 

(写真は自宅での試作時のものです。実際はもっとステキなものになります。・・・おそらく)

このメニューは村の看板と言える「こん」にゃく(昭和村は日本一の生産量)を「ころ」ころした揚げ玉にしたものと「まい」たけの天ぷらたっぷりのネギが合わさった昭和村をはじめとした群馬の魅力が盛りだくさんのうどんです。
・・・もうお気付きですね?《 こんころまいはこうした素材から少しずつもらった名前です。(ネギさん、ごめんなさい!)

メニュー自体は既にお店で提供して頂けるとの約束をいただきましたが、現在は食材の仕入先を厳選しているところなので皆さんの口に届くまでまだ少しだけお待ちください。
提供時期が決まりましたらメニューの詳細も含めてまたお知らせいたします!

このメニューに限らず変化を柔軟に受け入れてきたのが昭和村です。村には畑の隣に工業団地が共存しており、村の奥には関東最大級のメガソーラーの発電施設まで存在しています。私の活動とともに昭和村の今後のあり方も見守って頂ければ幸いです。


道の駅 あぐりーむ昭和

〒379-1204
群馬県利根郡昭和村森下2406-2

TEL:0278-25-4831

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
1 / 11