地域おこし協力隊を募集しています。

【嬬恋村】未経験者歓迎!〜嬬恋という地域を活かして「自分も」「地域も」持続可能な農業を〜

写真:受入先農家の佐藤さん

 嬬恋村といえば、全国一の夏秋キャベツ生産地として高い知名度を誇ります。キャベツの他にも、高原の寒暖差から生まれる糖度の高いトウモロコシやジャガイモ、サツマイモなどの野菜栽培が盛んなほか、冷涼な気候を活かした夏イチゴやブルーベリーといった質の高い農作物の生産が期待されており、農業に関して非常に高いポテンシャルを持つ地域です。

写真:嬬恋村のシンボル「浅間山」

 一方、嬬恋村では多くの課題も抱えています。これまで主流であった大量生産のみを追い求める農業だけでなく、食の安全や環境に配慮した視点を持つことも産地の維持発展には重要です。今後はSDGs(持続可能な開発目標)をはじめとする将来を見据えた視点に立ち、本村の豊かな土地で育まれる農業の発展を考えていかなくてはなりません。また、嬬恋村では、積雪期に農作物の生産ができないため、この期間の収入を確保する必要があります。さらには、全国的な農業従事者の高齢化による担い手不足やそれに伴う遊休農地の増加といった課題は、嬬恋村においても例外ではありません。今後は、人材の確保に繋がるような安定した利益を確保し未来を見据えることができる魅力的な農業経営が求められています。

 以上のような背景から、嬬恋村では農業を末永く維持・発展させていくため、農産物の高品質で環境に配慮した農産物生産と、人材の確保に繋がるような安定した利益を確保し未来を見据えることができる魅力的な農業経営を推進していきます。そこで、本村において実績のある農家の指導のもとで嬬恋村という地域を活かしたトウモロコシやサツマイモの生産に取り組み、環境に配慮した有機農業や6次産業化等により安定した農業経営を目指す地域おこし協力隊を募集します。

 

【募集要項・応募用紙】

募集要項_農家就農(有機農業・多品目栽培・6次産業化)【PDF】

応募用紙_農家就農(有機農業・多品目栽培・6次産業化)【Word】

応募用紙_農家就農(有機農業・多品目栽培・6次産業化)【PDF】

 

【募集のポイント】

<未経験者歓迎>有機農業・多品目栽培を学べます!
・トウモロコシ、サツマイモを中心に、キャベツ、トマト、ナスなどの様々な高原野菜の栽培が可能です。特に嬬恋村産のトウモロコシは高い評価を受けており、付加価値の高い農作物生産を目指せる環境があります。
・専門機関の講座を受講し、農業技術や農業経営を基礎から習得することも可能なため、未経験でも安心です。積極的な受講を推奨します。


各種資格・免許が取得できます!
・トラクター等の運転で必要な場面がある中型特殊免許などが活動中に取得できます。その他、クレーン車やパワーショベル、ガス溶接の免許取得や実務経験を積むことが可能で、資格の取得希望に可能な範囲でお応えします。
・過去の嬬恋村地域おこし協力隊は、大型特殊免許、ドローンインストラクター、普通自動車免許
T限定解除などの取得実績があります。

写真上:収穫前のトマト

写真下:幼稚園の芋掘り体験受入の様子

 

【協力隊員のミッション】

~嬬恋村という地域を活かした「地域も」「自分も」持続可能な農業~

 嬬恋村における地域の農業の特徴として、高い標高、寒暖差、冷涼な気候、長い日照時間、火山由来の土壌、キャベツの一大産地、消費地である首都圏へのアクセスの良さ、積雪、担い手不足、農家の高齢化、遊休農地の増加、鳥獣害などのキーワードが挙げられます。
 このようなローカルな特徴は、長年その地域に暮らす住民にとってはあたり前となってしまい、新たなアイディアによってその地域が持つ特徴を最大限活かすことは容易ではありません。そこで、本募集の地域おこし協力隊員には、嬬恋村のローカルな特徴に対して外部の目線を向けながら、以下の業務に取り組んでいただきます。

地域を活かす
×
高品質な有機農業・多品目栽培
×
持続可能性


 本募集の受入先となる農家は、有機農業や多品目栽培に長け、有機肥料を使った甘みの強いトウモロコシやサツマイモの生産において実績があり、日本一の品質を目指しています。このノウハウや経験から、農業を学んでいただきます。また、嬬恋村の農業を将来に亘って発展させていくためには、安定した利益を生み出すことが求められます。これは、地域の事業者や生産者が稼げることはもちろん、任期終了後に地域に定住することを目指す地域おこし協力隊自身にとっても利益を得られる仕組みを考えることが重要です。そのために、農作物の6次産業化や付加価値を高める商品開発・インターネット販売等に挑戦することが必要です。

 このようなミッションを、嬬恋村という地域の特徴に目を向けつつ、既存の取り組みを強化したり、新たな掛け合わせによる取り組みを開拓したりすることで、地域を最大限に活かしながら取り組みます。任期終了後は、受入先から畑を借りて新規就農農家として独立していただくことが可能です。その他にも、農業に携わりながら村内企業に所属したり、ご自身で起業したりという進路が考えられますので、活動しながら我々と一緒に模索していきましょう。

写真上:有機肥料を使った野菜

写真下:春に植え付けた苗

【働く場所】
①受入先農家
日常業務は、嬬恋村大字大笹という地区にある受入先農家の畑(現在6反歩/約5,950㎡)での農作業が中心です。
②嬬恋村役場
日常業務に加えて、必要に応じた打ち合わせや会議を所属先となる農林振興課や地域おこし協力隊担当課である未来創造課で行います。


【一緒に働く人】
最初は受入先農家とマンツーマンで作業を行い、徐々に慣れてきたら一人で行う業務が出てくることを想定しています。その他に、他の地域おこし協力隊員や、農業生産者、行政職員などと広く関わることができます。


【勤務内容の例】
春:育苗、支柱設置など畑の準備作業、トウモロコシ植え付け
夏:キャベツ・トウモロコシ・トマトなどの収穫・出荷作業、草刈り
秋:収穫・出荷作業、イモ掘り作業、農作物栄養分析、市場開拓
冬:畑の片付け、薪割り作業、次年度の計画作り

 

【取得可能な資格・講習等(過去の取得実績)】
AT限定解除、中型自動車免許、大型特殊自動車免許、伐木等の業務(チェーンソー)、刈払機取扱作業者安全衛生教育、狩猟免許に係るもの、アマチュア無線従事者、日本ドローン協会UAVインストラクター、総合旅行業務取扱管理者、Abobe認定プロフェッショナル
※その他予算の範囲内で活動に必要な資格等を取得可能です。


【求める人材】
・自身の農産物に責任と自信を持ち、翌朝が楽しみになる農業ができる方
・安全な食料生産や環境に配慮した持続可能な農業に興味のある方
・活動や生活で必要となる地域住民やステークホルダーとのコミュニケーションをとる意欲のある方
・早朝や屋外での作業に取り組む体力のある方

雇用関係の有無 あり
業務概要・活動概要 (1)受入先農家での就農・農家のビジネスモデルの体得
(2)有機農業・多品目栽培の実践
(3)村内農作物研究会への参画
(4)村内各種イベントへの参加
(5)地域おこし協力隊に関する会議・研修・報告会等への参加

●活動開始日:応相談
募集対象 ●下記の条件を満たす方
(1)年齢満18歳以上(高校卒業者以上)から50歳以下
(2)性別は問いません
(3)3大都市圏をはじめとする都市地域等(条件不利地を含まない市町村)に在住の方で、
嬬恋村へ生活拠点を移し、委嘱後に住民票を異動できる方
(4)普通自動車免許を取得している方(採用までに取得見込も含む)
(5)パソコン(ワード、エクセル、メール等)の知識を有し、活用できる方
(6)心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方
(7)将来嬬恋村内で農業に携わる意思のある方
募集人数 1名
勤務地・活動地 受入先農地(群馬県吾妻郡嬬恋村大字大笹地区)
※所属は嬬恋村役場農林振興課になります。
勤務時間 (1)1週間の内5日間(シフト制)
(2)基本、午前8時30分から午後5時15分まで(昼休みは正午から午後1時)
(3)その時々の業務内容や天候により勤務日の変更や早朝の勤務となる場合もあります。
※活動内容によっては時間外の活動も含まれます。
雇用形態・期間/
任用形態・任用期間
(1)地域おこし協力隊員として村長が委嘱します。
(2)嬬恋村会計年度任用職員(公務員)として嬬恋村が雇用します。
(3)委嘱の日から1年間
※年度ごとに更新し、委嘱の日から最長3年間の期間になります。
(4)協力隊員としてふさわしくないと判断した場合等は、雇用期間中であっても委嘱を取り消すことができるものとします。
給与・賃金等/報酬等 月額169, 800円(社会保険料等の本人負担分が控除されます。)
※勤務年数に応じて昇給あり。
※賞与(6月・12月)、自家用車で通勤する場合は通勤手当の支給あり。
待遇・福利厚生 (1)社会保険・雇用保険・厚生年金に加入します。
(2)任期中の住居は、村が契約する住宅を無償で貸与します。住居は賃貸可能物件から予算の範囲内で選択可能です。(光熱水費及び自己都合による引越費用は個人負担)
(3)勤務期間中は、活動に必要なパソコン、事務用品等は村が貸与します。
※その他活動に要する経費は予算の範囲内において村が負担します。
(4)業務で使用する車両は、自家用車(農作業に向く車両を推奨)をご用意ください。借上げ料(燃料代含む)として月額20, 000円を支給します。ただし、自家用車は任意保険に加入(自己負担)し、 対人補償は無制限、対物補償は1千万円以上とすることを要件とします。
※自家用車の用意が難しい場合は、ご相談のうえ、公用車の貸与も検討します。
(5)応募・転居等に伴う経費については応募者の負担となります。
応募期間 随時受付(要問い合わせ)
※採用状況により申込みを締め切らせていただく場合がございます。
※お申し込みの前に必ず「現地説明会」へご参加ください。

<現地説明会申込フォーム>https://docs.google.com/forms/d/1dzO-NsDe0WtRHgBAvlhHrGklqM6NhtuvGQlmiWbrmzc/viewform?edit_requested=true
選考の流れ (1)現地説明会への参加
まずは現地説明会にご参加いただき、応募をご検討ください。
(2)第1次選考(書類)
書類選考の上、合否を文書で通知します。
(3)第2次選考(面接)
第1次選考合格者を対象に第2次選考を嬬恋村役場にて行います。詳細は、第1次選考結果通知後にお知らせします。なお、第2次選考に要する交通費等は個人負担とします。
(4)最終選考の結果通知
最終結果については、合否の判定を文書で通知します。選考内容についてはお答えできません。
参考URL https://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/www/contents/1000000000282/index.html

嬬恋村役場未来創造課

〒377-1692 群馬県吾妻郡嬬恋村大字大前110
電話番号:0279-96-1257
FAX:0279-97-0516